個別指導の上手な使い方について書かれた記事です

大手塾中心の難関中学受験における個別指導の上手な使い方とは

,
light_icon 回答数 0 edit_icon

難関校の中学受験を考える上で、SAPIX、日能研、四谷大塚といった大手塾の活用はもはや不可欠となっています。しかし、これらの大手塾では、個別指導塾のような個々のニーズに応じた対応には限界があります。質問の列に並ぶのを嫌がる引っ込み思案のお子さんも多いのが実情です。
そのようなときに選択肢になるのは、個別指導塾の併用です。私の周りでも、中学受験をされている家庭は多くいらっしゃいますが、特に共稼ぎ世帯では、個別指導塾にも通っているケースが多いです。

 

個別指導塾にも、いろいろな形態があります。

 


まずは、日能研系列のユリウスのような、「大手塾系の個別指導塾」です。メリットとしては、大手塾からロケーションが近いこと、単価が比較的安く大手塾会員向けの割引もあること、大手塾のカリキュラムに沿った指導が期待できることなどが挙げられます。
一方、難点としては、学生アルバイトが教えているケースも多いので、大手塾と同様の指導の質を個別指導塾に期待すると期待外れになってしまう恐れがあります。また、大手塾系の個別指導塾は、母体の塾の方針を逸脱した指導は良くも悪くもしないので、母体の塾の方針にご不満をお持ちの方には向いていないでしょう。

 


ご利用される場合は、講師と事前面談し、既に利用されている方に評判を聞くなど、保護者ご自身がしっかりチェックすることが大切です。

 


そのほかのカテゴリーの個別指導塾としては、東京個別指導学院などの「独立系の個別指導塾」があります。メリットとしては、学生アルバイトを使わず専任の講師のみを採用しているところも多く、指導方針もオリジナルなので、お子さんの特性に合った、質の高い授業を期待できる点があります。また、独立系の個別指導塾には、いろんな大手塾に通っている生徒が集まるので、より客観的な観点から、各塾の特性に応じたアドバイスが期待できます。また、独立系の個別指導塾は校舎も多いですから、より家に近いロケーションで勉強することが出来ます。
このようにメリットが多い独立系の個別指導塾ですが、やはりデメリットがあります。まずは比較的価格が高いことです。独立系の個別指導塾の中には、ホームページなどで、料金体系を明示していないところも多いので、個別に問い合わせることが必要です。また、全体的に質が高い独立系の個別指導塾であっても、担当の講師がお子さんと相性が合わないリスクもあります。


ですから、独立系の個別指導塾の利用を検討される場合も、やはり保護者の方が事前に入念にリサーチして事前面接などのチェックをすることは不可欠です。
中学受験は、お子さんや保護者の人生にとっても大変重要なイベントです。以上のような点に注意しながら、個別指導塾もうまく活用して、悔いの無い中学受験を勝ち取ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>