科目に関する記事です。

個別指導塾での中学受験算数の指導とは

light_icon 回答数 0 edit_icon
個別指導塾での中学受験算数の指導とは

中学受験での算数教科の難しさは、学習内容を本当によく理解しているかが問われ、単元をまたいだ応用問題や特殊な問題が出題されることにあります。 中学受験では鶴亀算や仕事算、周期算など特殊な算数の問題が出題され、図形問題でも柔軟な発想が問われる問題が多く出題されます。さらに、小学校では習わない等差数列や状況整理、推理問題など総合的な数理能力を要求されるのが、中学受験の算数という科目です。

 

個別指導塾で中学受験対策を行うメリットは、個々に合わせたカリキュラムを組んでもらえることです。個別指導塾は、一定のカリキュラムに沿って進めていく集団塾と異なり、苦手分野の克服や伸ばしたい分野を重点的に指導してもらうことが可能で、生徒のペースに合わせて学習を進めていきます。また、同じ個別指導の家庭教師に比べて、学習環境が整っており集中して学習に取り組むことができます。

 

個別指導塾でのカリキュラムは、基本的に先生と相談しながら進度や内容を決めていくことになります。特殊な計算問題が苦手ならば、その分野を重点的に学習したり、図形問題が苦手ならば他の問題は軽めに、図形問題を多めに解いていくなど一人一人に合わせたきめ細やかな指導がなされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>