科目に関する記事です。

中学受験における算数のフォローアップには個別指導塾の活用を

light_icon 回答数 0 edit_icon
03-11_chugakujuken_kobetsushidoujuku

中学受験におけるメイン教科が、算数であることは誰もが認めるところです。 通常小学3年生から小学4年生ぐらいから始まる中学受験に向けての準備において、その多くが算数のために使われることになります。なぜなら、どこの中学校を受験する場合でも、入試科目には必ずありますし、中学受験においては方程式などを使わずに問題を解くことを前提としているため、ある意味で特殊な訓練が必要とされるからです。  しかし、算数が苦手な受験生にとっては、中学受験向けの集団指導の受験対策塾の授業になかなかついていけないという場合も多いのが実情です。

 

そんな時に算数のフォローアップにおすすめなのが、個別指導塾です。個別指導塾では、通常生徒1人から3人程度に先生1人が付き指導してくれますし、カリキュラムも個別に作成してくれ、各人の苦手な教科や苦手な分野のみを集中的に指導してもらうことが可能です。個別指導塾は、家庭教師よりも安い費用で、家庭教師のような個別の指導を受けることが可能なため、近年では特に人気が上昇中です。 算数の攻略を避けていては、中学受験での成功はあり得ませんので、苦手な受験生は、個別指導塾などをうまく活用し、フォローアップに努めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>