中学受験:大手塾の集団授業と系列個別指導塾の併用でクリア。

, , ,
light_icon 回答数 0 edit_icon
image_16

中学受験の準備は早いに越したことはありません。我が子が超天才だと錯覚できるのであれば別ですが、親が親だから子供も子供だろうと思うのであれば、早めに準備というやり方で選択の幅を広げたいものです。
かくいう私は大学、大学院時代、関東圏内では有名塾を若干渡り歩いて、アルバイトをしていました。その時、目にした経験をフルに生かして、子供を中学受験させるにあたっては、受講が可能な学年に入ったのと同時に大手受験塾の集団授業と系列の個別指導塾を受講させました。
中学受験に本当の意味で成功するご家庭にはどうも傾向があります。そのようなご家庭は、中学受験がゴールではなく、スタートであることを自覚し、ひどく受験熱に浮かされていません。子供が親の合格欲とでもいうものに負けておらず、子供は子供でしっかりとその先を見つめています。
とはいえ、骨の髄までその事実が分かっていても、凡人の親は熱くなります。学歴社会ではなくなったと言われていますが、つい先日もとある有名企業が企業説明会参加者を卒業予定大学名によって選別しているという事実が発覚したことからも分かるように、学歴による選別はまだ存在することを知っているからです。子供の将来を思えば、熱くなるのは致し方ないことです。
熱くなることが避けられないのであれば、対策を打たなければいけません。子供にそれを感じさせないように配慮すれば良いのです。もちろん家でも勉強するのですが、家庭はリラックスの場と位置づけ、勉強のことは全て経験豊かなプロに任せましょう。だから、大手受験塾が良いのです。
アルバイト情報誌の求人を見ると、個別指導塾の塾講師募集がたくさん出ています。学生アルバイトと一言で言っても、大学1年生もいれば、長年、講師のアルバイトをしているポスドクの方もいます。傾向として、大手受験塾は塾講師を本業としていない学生アルバイトの方でも後者の先生が多いように思います。これが意味することは、詳しく説明しなくても、お分かりになることと思います。
個別指導塾が担う仕事は、実のところ、中学受験のみではありません。学校の授業を含む集団授業についていくことが難しく、学校で孤独感を味わっているお子さんを救い、学習習慣のないお子さんの学習意欲を引き出すという役割もあります。その場合は年上のお兄さん、お姉さん(前述のくくりでは前者の先生)が先生になってもらった方が効果が期待できるのではないでしょうか。しかし、ことが中学受験となると、話は別です。
中学受験の成功の鍵は能力とテクニックと精神力からなっています。能力とテクニックは塾で、精神力は家庭でが理想ではないでしょうか。確かにお金はかかりますが、子供の将来を買うと思えば、何てことありません。目標志望校に合格されますように、心からお祈りしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>