中学受験のための個別指導塾選びでは欠席時のフォローは大切

,
light_icon 回答数 0 edit_icon
image_11

中学受験をするにあたって、個別指導塾をどうやって選ぶか?という問題があります。個別指導塾はたくさんあるので、ポイントを絞っていい塾を選ばないといけないと思います。そのときに是非考慮してほしいのは、欠席時のフォローです。お子さんが塾に通う場合にどうしても毎回出られるわけじゃありません。欠席をしないといけないときも必ずあると思います。そのときにどうやってフォローをしてくれるか?フォローというのは、欠席した回の授業を飛ばさないで、ちゃんと中学受験本番までのスケジュールの中で、無事に遂行していくことができるか?という体制です。塾じゃなくて、もっと年齢の上の人が通う予備校では、この欠席者フォローについてはかなり力を入れています。例えば、授業をやる日以外に、校舎に通って授業を収録したDVDを観られる機会を作るとか、そういうことです。そういった工夫がないと、予備校に通う受講生がついていけなくなってしまうのです。当然、個別指導の塾にもそういう事態が起こりうるわけですから、そういうときにどういう対応をしてくれるのか?どういうフォローで児童を欠席後に支えていくのか?そこは重要だと思います。年間を通して、そこそこ休む可能性もありますからね。親目線から言うと、風邪をひいたとかじゃなくて、学校から帰ってきて本当に疲れているときに塾を休ませた方が良いのかな?事故にでも遭ったら嫌だし。ということで、病気になったとき以外でも休ませた方が良いかもしれないときがあるのです。だから、そういったことも含めて考えると、意外と欠席する回数は多いかもしれないのです。それが年間を通してみると、そこそこの回数になり、それぞれできちんとフォロー体制が整っていないと、なかなか個別指導塾で学んでいる意義が薄れてしまうのではないでしょうか?それを避けるためには、塾に入る前にそこをきちんと確認しておくことでしょう。塾の説明会でも良いですし、塾に電話で聞いてみても良いですし、どういう体制で欠席時の後をフォローしてくれるのか?それを聞いて、ちゃんと納得のいく回答が得られた場合、納得のいくフォローが期待できると思った場合に、その塾を初めて候補に入れた方が良いと思うのです。高いお金を払って通わせるわけですし、そこに中学受験の命運を預けるわけですから、ちゃんと事前に考えてベストな塾を選べるように、個別指導塾に通わせようとする場合には考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>